2012年09月11日

激励ご支援ありがとうございました 〜あれからの劇場・これからの劇場〜 NPO法人日田子ども劇場 理事長 井倉 順子

hita120703.jpg

7月3日・14日の2度にわたる悪夢のような豪雨洪水被災から2ヶ月が過ぎました。
池の中に屋根が浮かんでいるように見えた事務所も翌日には水が引き、連絡のついた劇場の仲間達がゴム手袋・長靴で集まってきました。 26年間の大切な思い出・名簿・納入帳など必要書類・事務機器ほとんどのものが泥水に浸かりゴミと化しました。その惨状に実感もなく、ただ少しでも早く外にゴミを出して市の収集車に持って行ってもらわなければと、皆、黙々と働きました。私は、その様子を見ながら、「全てゴミになってしまったけれど大切なものは失っていない…」、そんな気持ちになると元気が出てきました。次々に寄せられるお見舞いや励ましの言葉・心温まる支援物資・カンパなど本当にありがとうございました。
その後、みんなで力を合わせて片付け・掃除をした部屋も猛暑で青カビだらけとなり、移転先を探さなければならなくなりましたが、関係者のご厚意で、運良く築50年の古いアパートながら新しい拠点が見つかりました。目下、壁紙を張ったり畳を干したりと、猛暑の日田で又、汗をかく毎日です。でも、いつも気の合う仲間達との作業は、心楽しく元気いっぱいです。
 被災直後の7月16日の例会「びりとブッチィー」は、1時間に110mmというゲリラ豪雨で開演30分前に中止を決断。短い間にいろいろなことがありました。それでも夏の恒例行事のキャンプに代え「ダンボール迷路作り&そうめん流し」で遊んだり、先日は、復興特別例会「サクラがいく」を企画し、久々に子ども達の笑顔に元気をもらいました。
改めて、応援して頂いた劇場の仲間達・創造団体の皆さんに心から感謝申し上げます。そのお気持ちに応えるため一人でも多く会員数を増やそうと話し合っています。(12月8日の「オズの魔法使い」を300名会員で迎える目標です)
本当にありがとうございました。
posted by こどもあーと at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況

全国のたくさんの創造団体や全国の子ども劇場・おやこ劇場の仲間の皆さんから激励のメッセージや支援金をお寄せいただきました

 今年の夏は記録的な集中豪雨により九州各地や京都などで大きな被害がありました。
被災した地域の皆さまに心からお見舞いを申し上げます。
 大分県日田市の日田子ども劇場が7月3日と14日の2度にわたり集中豪雨で事務所が浸水被害に遭ってから2ヶ月がたとうとしています。
 7月11日(火)にはこどもあーと総会にて日田子ども劇場への支援呼びかけを決め発信しましたが、すぐに全国のたくさんの創造団体や全国の子ども劇場・おやこ劇場の仲間の皆さんから激励のメッセージや支援金をお寄せいただきました。

全国から寄せられた支援金は8月末時点で823,890円となっています。
本当に皆さんのあたたかいご支援ありがとうございます。

2度の床上浸水、例会の開演直前中止、急きょの事務所立ち退きと、次から次と困難なことが続いた7月でしたが、被災直後から周りの多くの方々、そして全国各地の皆さまからのお見舞いや励まし、支援に支えられて、日田子ども劇場は再建にむけて歩みを確実に進めていてます。新しい事務所も決まり、8月31日(金)には例会も実施することができました。日田子ども劇場からも近況をご報告できるまでになりましたので、そちらもご覧ください。
「日田子ども劇場災害支援」につきましては、ブログのほうにも掲載をしておりますので、
どうぞご覧ください。
http://oitagekijo.blog100.fc2.com/blog-category-9.html


大分県子ども劇場連絡会
posted by こどもあーと at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況

2012年07月24日

第12年度理事会日程が決まりました

第12年度の理事会の日程が決まりました。
  第1回 7月14日 10〜12時   
  第2回 9月19日 11〜16時
  第3回12月18日 13時〜 12月19日 〜12時
  第4回 2月25日 11〜16時
  第5回 5月28日 11〜16時 29日 予定 

今後、会議費(旅費・宿泊費等)を検討し理事会日程を調整します。
posted by こどもあーと at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況

7月14日に第12年度通常総会が開かれました

第12年度通常総会のご報告

日程:平成24年7月11日(水)14:00−16:00
会場:子ども未来館・はき 2F会議室
正会員総数:150名
総会に出席:出席数149名(内訳:出席24名、書面表決36名、委任状89名)
      欠席数  1名

審議事項
   第1号議案 第11年度事業報告および収支決算・監査報告
   第2号議案 第12年度事業計画および収支予算
   第3号議案 第12年度役員選任
   第4号議案 NPO法改正に伴う手続きについて
   第5号議案 日田子ども劇場の支援について 

議事の経過の概要および議決の結果
(1)開会
議長選出、議事録署名人選任、総会成立の確認
議長に入本敏也、議事録署名人に後藤強、冨士川佳余子を選任した。
正会員総数150名に対し総会出席149名、正会員総数の過半数以上の出席があり、総会成立を確認した。

(2)審議の内容と議決の結果
第1号議案 第11年度事業報告及び収支決算・監査報告
各担当理事より第11年度事業報告及び収支決算・監査報告をし、質疑応答、審議の結果、全員一致で議決した。

□全体報告 
震災、放射能、子どもの事件、貧困格差、消費税などについて考えあっていきたい。
様々な問題について、何が問題なのか、何が課題なのかをきちんと捉える。
総会日程を企画交流会の日程とつなげられないか?という意見に対して、現時点では厳しいが、今後意見を反映できるように検討していきたい。

□質疑・応答/参加者近況報告
 ・長崎 震災後支援をしてきた中で、九州だけでなく全国でできることを考えている
 ・長崎 長崎祭典の報告。国への働きかけなどこの時期に何ができるのか、九州で一緒に考えたい
 ・福岡 杷木町から引き継ぎ文化芸術振興条例の働きかけを朝倉市へ要望してきた。条例は制定されたが、審議委員会があることが大変重要である。かつ、あっても利用されないものではいけない
 ・大分 災害の復興が早かったことに感心した。各地で文化芸術興条例があっても活用できていないところが多いのが現状
 ・鹿児島 消費税の動きや地元議員への働きかけもできてない、広報活動も苦手かな。鹿児島の子ども劇場40周年、祭典が25周年、2013年5月5日にフェスを予定している
 ・大分 こどもあーとは会員が増えていていいなと思う。大分は伸び悩んでいる。芸術会館がアスベスト使用施設ということで利用が難しくなった。お金がないという理由で廃止の方向が出され、反対運動をしてきたけれど廃止が決まった。文化芸術振興条例の話を聞いて取り組みをしていかなければいけないと思った。維持管理にお金を使わない方針を変えていきたい

□会計監査報告 
・経費縮減を追求すべきではありますが、そのあまり事業運営を委縮させることにならないよう、効果的な予算配分・執行に今後とも留意して下さい。
・実績の伴っていない事業については、これの要否・位置付けなど問題整理の必要があります。殊に人材育成事業は、昨今の諸情勢の下喫緊の課題であるところから、本会の「事業」と位置づけることの適否とあわせて早急な対応が望まれます。
・舞台芸術巡回公演事業を本会の「事業」として位置付けることの是非につき、当該事業の内容・性格・目的等勘案のうえ、判断・対応が必要と思われます。

第2号議案 第12年度事業計画および収支予算
担当理事より第12年度事業計画および収支決予算を提案、質疑応答、審議の結果、全員一致で議決した。

□質疑・応答
巡回公演の予算・決算が昨年より大きいのはなぜですか?
→すでに芸術文化振興基金の助成を内定うけているもので申請している額を計上している
運転資金の確保のためにも均等予算の中から決算ではプラスができるように努力してほしい 

第3号議案 第12年度役員選任
役員は平成24年7月5日をもって任期満了のため、平成24年7月11日までその任期を伸長し、役員・監事を選出、審議の結果全員が承認した。承認された役員・監事はその場で就任承諾を表明した。
理事 柳田 茂樹  理事 中田 尚子理事 入本 敏也  理事 河本 景介 
理事 柿本由美子   理事 田口 信子  理事 冨士川佳余子
理事 後藤 強 理事 中島千津子 理事 藤  英子
理事 篠崎 省吾  理事 篠原惠里子  理事 川村 静
監事 瓜生田はるみ、荒尾壽味雄

第4号議案 NPO法改正に伴う手続きについて
定款第13条の規定に基づき、代表権の制限について登記を行うことを提案し、質疑応答、審議の結果、全員一致で議決した。

第5号議案 日田子ども劇場の支援について
担当理事より7月3日から降り続いた雨により花月川が氾濫したことで、正会員団体の日田子ども劇場が大きな被害を受けたことが報告された。日田子ども劇場に対し支援の呼びかけを提案、質疑応答、審議の結果、全員一致で議決した。
(説明)
7月3日からの豪雨で朝倉市杷木、中津市耶馬溪、日田市で大きな被害で出た。
こどもあーと正会員団体の日田子ども劇場があるそばの河川の氾濫により大きな被害を受けた。床上浸水となり最大1m70cmまでになった。25年分すべてのものが水浸し、すべて廃棄。4日から片付け作業をして現在は、何もない状態となっている。
7月6日には、運営委員会を開き、今後のことや7月16日例会に向け話し合われた。被災した劇場とは思えないくらい元気な会議となった。事務所移転を決め動き出しているが、すぐには見つかりそうもないので今の事務所を使っている。これまでの会員のつてなどで備品が届きはじめている。
■今後の支援として、こどもあーと・連絡会・大分県の連盟で寄付の呼びかけることを確認。寄付の受け入れは、大分県の口座を利用。10月末までをめどに呼びかける、プロジェクト明日から寄付の申し出があったことを報告。日田市、中津市、朝倉市の義援金の受け入れについてのお知らせもあわせて掲載することを確認。

以上
posted by こどもあーと at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 総会議案

韓国アシテジ サマーフェスティバル報告(子ども国際部長 中田尚子 代表理事)

 今回のフェスティバルは多くの意味がありました。韓国アシテジ設立30周年、韓国アシテジサマーフェスティバル20周年、14thアシテジ世界会議・舞台公演フェスティバル inソウル(2002年)から10周年、韓国―イスラエル国交50周年です。
 さらに、韓国アシテジが20年間行ってきた「ソウル子ども演劇賞授与式」も行われました。 国内の劇団の活動を励ますとともに、エネルギッシュで質の高い作品を国内外に多く輩出するきっかけとなっているのは間違いありません。
 参加作品は、韓国国内4作品、日本1作品(TOKYO TAP DO!)、イスラエル2作品、トルコ1作品、ザンビア1作品、オーストラリア1作品です。その他、ドラマあそび、アフリカンリズムのワークショップ、読み聞かせ、フェスイメージのデザインを手がけた作家の特別展が開催されていました。

 すべての作品を鑑賞することはできませんでしたが、いくつかを紹介します。
★Giant’s Table (韓国・COOTBBAT)
今回の第21回ソウル子ども演劇賞の受賞作品です。
演劇と体験型美術を統合した作品。OHPを仕様した様々な情景がパフォーマーと絡み合い、子ども達の想像力を駆り立てます。

★Little Amadeus (イスラエル・AGADIT 人形劇団)
3歳の時にはピアノを弾き始め、5歳では作曲もできたというモーツアルトの話のストーリーテリング。独特の声とパフォーミングは俳優のオリジナリティー。
物語は英語で進められますが、子ども達が楽しむ障害には全くなっていません。
国内外で多くの賞を受賞しています。

★The  Witches (トルコ・THEATER TEMPO)
トルコに伝わる伝統的な話を影絵で表現します。
途中、ジャグリングを披露したり、歌を歌ったりして観客の参加を促します。

★In the Bush (ザンビア・SEKA THEATRE)
社会が直面する様々な問題、環境問題を投げかけ、家族の大切さ、自然界の掟、バランスを、楽しいアフリカン音楽とリズムで表現します。教育演劇に近いかもしれません。ザンビアをはじめ、多くのアフリカの国々が抱える社会的問題を、子ども達と一緒に解決していこうとする作品です。


 お祝い会では、日本アシテジとともに、朝倉フェスが紹介されました。キムスッキ先生が、3月の朝倉フェスの挨拶で、「韓国アシテジは、今後、朝倉フェスとの連携を密にしていきます!」と公言されたように、多くの挨拶の場面で朝倉フェスを強調されていました。

 セレモニーのあいさつの中で、印象に残った言葉をあげてみます。

★子どものための演劇は、教育であり芸術であり、演劇のルーツ(キムスッキ)
★子ども達は、小さいときから、様々な芸術活動にいそしみ、人格を形成していくことが大切(CHOI Gwang-sik 韓国文化・スポーツ・ツーリズム省大臣)
★子どものための演劇に関わることは、子ども達の未来に投資すること。演劇はその責務を負っている(TUVIA ISRAELI  イスラエル大使)

 夜、たまたまイスラエルの音響スタッフと話をする機会がありました。イスラエルは周知のとおり、宗教的に多くの対立をかかえ、報復が報復を呼ぶ歴史を重ねています。文化的には、文化芸術関係に携わる人の割合が多く、表現の場が豊かにあるようです。しかし、「その文化芸術の力をもってしても、今の社会問題を解決するにはいたらない」と彼女に言わせてしまう状況は、日本人の理解をはるかに超えたものなのかもしれません。
 今回、韓国アシテジに参加して、様々な思いを持ちましたが、なかでも、このイスラエルという国に、ほんの少しだけでも近づけたことが、一番の収穫でした。(文責 中田尚子)
posted by こどもあーと at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の舞台芸術の動き

日田子ども劇場への早速の暖かいご支援やメッセージありがとうございます

 九州各地の7月の豪雨被害はとても凄まじいものでした。これほどの集中豪雨がくるとはだれも予想もできませんでした。
 現在死亡者20名、まだ行方不明者もあり、捜索活動や決壊した河川の修復や土砂災害による道路の工事など続いています。被災地へ多くのボランティアのご支援もいただいております。
 各地の子ども劇場からの被害報告は例会の実施に関して、大分のたかはしべんコンサートのステージ変更、たかはしべんさんの公演のための移動の変更、日田子ども劇場の公演中止以外はまだ寄せられておりません。
 その他、豪雨により、子ども村プロジェクト主催子どもの体験活動指導者養成講座(7月14日・15日 日田市中津江村)の中止、子ども村2012プロジェクトA(1週間コース)の中止が報告されております。
 事務所のある朝倉市杷木では、土砂崩れにより1名の死亡がありましたが、土砂災害の危険性から現在も避難勧告が出されています。またお世話になっている泰泉閣は浸水被害にあわれました。こどもあーとの事務所は、被害はありませんでした。

日田子ども劇場は、結局、7月3日、9日、16日の3回も事務所が浸水してしまい、16日の例会も結局中止となってしまいました。なんとか新しい事務所を確保して、再出発をしようと元気に再建を目指し、7月末には臨時の全体会の開催を準備しています。

全国的にお天気も大変な状況が報告されていますが、豪雨に続いて、高温注意報が出され、熱中症が多数出ているようです。
どうぞ、みなさまお元気でご活躍ください。

今後とも引き続き、豪雨被害を受けた日田子ども劇場支援のために皆様の暖かいご支援をお願い申し上げます。


(暖かいご支援をお願いいたします)
日田子ども劇場の再建のために、豪雨被害の支援金をよびかけることにしました。みなさまの暖かいご支援をお願いいたします。なお、必要な物品は地元で調達いたしますので、支援金のみご協力をお願いいたします。


<日田子ども劇場への支援金受付口座>

【受付口座 】  口座番号 : 大分銀行本店営業部(普通口座) 6128210
         封便振替      ゆうちょ銀行 記号 17290 番号 7875271
                   ゆうちょ銀行 七二八店(普通口座)787527
 口座名義 : 大分県子ども劇場連絡会
【受付期限】  平成24年10月31日


みなさまどうぞよろしくご支援をお願いいたします。

2012年07月16日

大分県後藤さんより状況報告です

(転載)
お疲れさまです。

日田の事務所は再び浸水しましたが、避難前に事務所内の支援物品などを高いところに移しておいたので、物品被害はなかったとのこと。
昨日(日曜日)には拭き上げ作業も終えました。

16日(月)の例会『びりとブッチー〜』は予定どおり実施の方向で準備します。

おおいた例会『たかはしべんコンサート』は、日程変更をしましたが、それに伴う会場の追加経費は発生していません。
昨日2ステージを実施。きょう2ステージを実施。
(中略)
それと、台風が発生するようで、17日の奄美への移動に支障がでないか心配な状況があります。
7月に入っての豪雨で実家が被害にあっている会員の方もあり、この連休で片付けに行っていて、例会に参加できなかったり、例会を観て『今から片付けに行きます』という方があったりです。

後藤 強
posted by こどもあーと at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 7月豪雨被害状況

2012年07月14日

九州各地は大雨被害が続出しています

7月14日現在九州各地で豪雨被害が続出しています。河川の氾濫や土砂災害など危険な状況が各地で報告されています。
大分県日田市では再度大雨洪水の被害により避難指示、避難勧告が出され、本日予定していた子ども村プロジェクト主催「あにまプロジェクト(子どもの体験活動指導者養成講座)」は、参加者の安全のため中止しました。
また、日田子ども劇場は、再度花月川の氾濫で浸水してしまいました。
みなさまどうぞお気をつけください。
画像-0088.jpg
posted by こどもあーと at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 7月豪雨被害状況

2012年07月12日

日田子ども劇場の7月3日豪雨災害支援をお願いします

先の朝倉市、日田市、中津市の豪雨災害から1週間経ちました。
7月11日に開催されたこどもあーと第12年度通常総会で、特別議案として日田子ども劇場の豪雨災害の支援金を呼びかけることを決めました。

(日田子ども劇場への支援金を呼びかけます)
2012年7月11日
九州沖縄地方子ども劇場連絡会
(特)九州沖縄子ども文化芸術協会
大分県子ども劇場連絡会



(現状)
日田子ども劇場は、7月3日の集中豪雨と日田市花月川の氾濫により、事務所が床上浸水となり、すべての機器、書類、備品等に被害が及び、すべて廃棄しなければならない状況となりました。その後、会員と大分県内の子ども劇場方々のご協力で、汚れた物品の廃棄、汚泥の排出、清掃や消毒を行い、現在は事務所は空っぽで、室内を乾燥中です。しかし、老朽化した事務所のため、新規に移転先を探している状況です。

(今後の活動)
7月16日に蒼い企画「びりとブッチ」の例会実施を予定、会員への連絡とチケット渡しなど取り組み中、約200名の会費納入台帳、会計帳簿等も喪失したため、会費納入や会員登録の確認作業をスタートしています。

(暖かいご支援をお願いいたします)
日田子ども劇場の再建のために、豪雨被害の支援金をよびかけることにしました。みなさまの暖かいご支援をお願いいたします。なお、必要な物品は地元で調達いたしますので、支援金のみご協力をお願いいたします。


<日田子ども劇場への支援金受付口座>

【受付口座 】  口座番号 : 大分銀行本店営業部(普通口座) 6128210
         封便振替      ゆうちょ銀行 記号 17290 番号 7875271
                   ゆうちょ銀行 七二八店(普通口座)787527
 口座名義 : 大分県子ども劇場連絡会
【受付期限】  平成24年10月31日


みなさまどうぞよろしくご支援をお願いいたします。

また、被害の大きかった日田市や中津市への直接の支援金窓口も開設されております。
よろしければ、広くお知らせください。

中津市支援金受付
【受付口座】  口座番号 大分銀行中津支店(普通口座) 5641339
口座名義 大分県中津市災害義援金
【振込手数料について】
  大分銀行本・支店の窓口からの振り込みは、手数料はかかりません。(ATMは除く)
 ゆうちょ銀行をご利用の場合
 口座番号 ゆうちょ銀行(振替口座)0178-4-91
 口座名義 大分県中津市災害義援金
  【振替手数料について】
   ゆうちょ銀行・郵便局の窓口からの振り替えは、手数料はかかりません。(ATMは除く)
※ 受領証の発行を希望する場合は、その旨を中津市役所会計課まで連絡してください。
  (住所、氏名、送金日、金額等をお知らせください)
 会計課 会計係
 〒871‐8501 大分県中津市豊田町14番地3(市役所1階)
 電話番号:0979-22-1111(代表) 内線441、442、443
【受付期限 】・・ 8月31日(金)
日田市支援金受付
【受付口座 】  ・・ 口座番号 : 大分銀行日田支店(普通口座) 5708270
                    日田信用金庫本店(普通口座) 0279533
         ・・ 口座名義 : 大分県日田市災害支援  
【振込手数料について】  
  大分県内の大分銀行、日田信用金庫の本・支店の窓口からの振り込みは、手数料が無料です。(ATMは不可) 
■現金書留 ‥ 全国の郵便局から無料で送金できます。
 [あて先]〒877-8601 大分県日田市田島2丁目6-1 日田市役所会計課行
       ※ 封筒の表に「救助用郵便」と書いてください。
■受付期限 ・・ 平成24年8月31日

以上

2012年07月07日

日田子ども劇場の被害状況

日田子ども劇場は、日田市花月川の氾濫による床上浸水となり、事務所内のほとんどすべての事務機器、電化製品、生活備品、書籍、資料等が被害を受け、廃棄せざるを得ない状況となりました。豪雨の翌日7月4日から連日、会員の方々や大分子ども劇場の応援の方々によって、事務所の片付けをすすめ、昨日6日ほぼ廃棄や清掃が終わり、泥に埋まった床もきれいに拭いて、事務所はほぼからっぽとなりました。NTTから臨時電話が仮設され、電話はつながるようになりましたが、事務所としての利用はできない状況です。今後、消毒等もしなければなりませんが、建物の傷みもひどく、至急に移転を検討することとなりました。
7月16日が蒼い企画の「びりとブッチ」の例会となりますが、まだ、チケットもわたっていない会員もいますが、まず例会に集まろうということを委員会で決め、会員の方々へ連絡することにしました。コンピューターも水に浸かったため、データ復旧を依頼していますが、まだ結果はわかりません。現金と預金通帳、約200名の会員名簿のみが確保できた状況で、2013年度の企画や秋の総会についてはまだめどがたっていません。会員の知り合いや、行政の方々から代替え事務所の紹介なども始まっていますが、会員やその親戚等も被害にあった方々が多く、今後の復興には大きな困難が予想されます。

今後、こどもあーとでは、再建のための支援募金について呼びかけを開始することを検討中です。みなさまのご支援をお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。

こどもあーと
代表理事 柳田茂樹
posted by こどもあーと at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 7月豪雨被害状況