2007年12月17日

●第7回杷木国際子ども芸術フェスティバルin朝倉市の上演作品が決定

●第7回杷木国際子ども芸術フェスティバルin朝倉市の上演作品が決定しました。
多数のご応募ありがとうございました。来年は28作品が上演されます。
今後ともよろしくご支援ください。
また、折角応募いただいたにもかかわらず、諸条件で18作品は不採用としまし
た。まことに申し訳なく思いますが、次年度開催時には優先受付をすすめること
が話し合われております。引き続きご応募いただくようお願いいたします。
また、今年度は、朝倉市から450万円の助成が決まりました。

上演決定作品(団体名 ジャンル 作品名/ワークショップ名)

CAN 青芸 舞台劇 君がいるから
Office トゥルース 芸能 テバッタ コメディーマジックショー
「生音空間」岡林立哉 音楽 馬頭琴とホーミーの調べ
たかはしべん音楽事務所 音楽 たかはしべんコンサート「べんさんとべんさんの
物語」
ほんわかシアター 人形劇 「かあちゃん だぁーいすき!!」他2本
ましゅ&Kei 芸能 ミュージック・クラウンショー「せかいのおんがく」
むごん劇かんぱにい 芸能 ムーラの一人サーカス
むごん劇かんぱにい 芸能 リニューアル版・トムのサーカスワークショップショー
アスキャップ 音楽 ピースコンサート ソロ
オールスタッフ/イッツフォーリーズ 音楽 ワークショップ&ミニライブ 
ミュージカルってなあに?〜「ファーブル昆虫記」の楽曲を使って虫になってみよ
う!〜
クラウンファミリープレジャーB 芸能 プレジャーBのコメディークラウンサーカス
マリンバ・カンパニー 音楽 マリカン・トリオ
演劇企画「二人の会」 舞台劇 濱崎けい子の“語りの世界”
劇団 道化 舞台劇 知覧・青春−アイ・アム・ヒア−
劇団 風の子九州 舞台劇 ふらっとぶらっと
劇団むう 舞台劇 こぎつねコンとこだぬきポン
札幌NKミュージック 音楽 もうひとつの音楽室&ファンタジックストリートオルガン
人形劇団 とんと 人形劇 「三匹のやぎのがらがらどん」「生きてるかい」
人形劇団 どむならん 人形劇 にゃーご(併演 音楽劇でんでんむし)
人形劇団 京芸 人形劇 どろんこげきじょうパートU
人形劇団 夢知遊座 人形劇 恋か金銭か吝嗇親父奮戦記
前進座 舞台劇 サチとキチと青いサンタと
太鼓と芝居のたまっ子座 芸能 太鼓で遊ぼうドンカカカ
俳優館 舞台劇 からだの不思議のミュージカル「ぼくらはみんな生きている!」
演戯劇団 ペコポップ 芸能 ペンパー伝(いじわるおばさんの話)
韓国子ども文化芸術学校 舞台劇 Halmang
劇団 美しい世 人形劇 エギトンプル(山黄連、ケシ科の越年草)
劇団ジャパリ研究所(Terror J) 舞台劇 おばあちゃんの古い倉庫

2006年10月04日

杷木国際子ども芸術フェスティバルについて

杷木国際子ども芸術フェスティバルについて

第6回杷木国際子ども芸術フェスティバルに関しまして、御報告を致します。

1,9月7日実行委員会後、九州沖縄子ども文化芸術協会の理事会、各創造団体の代表との話し合いをし、第6回杷木国際子ども芸術フェスティバルへの協力を要請しました。(9月8日、15日)
2,別紙の上演作品募集要項を発送しました。(9月24日)
  発送先は、国内の創造団体200団体。
  演劇、音楽、人形劇等の協議団体へのご挨拶(10月9日から11日 東京)。
上演作品の募集期間は、10月1日から31日締め切り
3,韓国の上演作品募集のための行動
  韓国演劇協議会訪問と杷木国際子ども芸術フェスティバル上演参加募集の依頼
  (9月28日 ソウル)副理事長、事務局長へのご挨拶と要請
  韓国アシテジ理事会へ上演参加要請
  韓国子ども文化芸術学院 創立者金淑姫へ上演参加要請
  ビッグ・ウエイヴ キムタンイル 代表へ上演参加要請
* 政府の助成金締め切りが10月15日ということで、早速、招聘状を受け取り、助成金申請を行うということ。(審査結果は12月)
4,世界及び、カナダの上演作品募集のための行動
  カナダモントリオールで開催される「CINARS(国際芸術貿易見本市)」に参加し、
上演参加を呼びかける。(11月14日から18日)
同上のアジアフォーカスイベントで、杷木国際子ども芸術フェスティバルのアピール。
カナダケベック州政府の東京事務所に協力要請。(10月10日)

以上。

2006年09月23日

杷木国際子ども芸術フェスティバル参加作品募集開始

2006年9月23日
芸術団体のみなさんへ 

「杷木国際子ども芸術フェスティバル」実行委員会
実行委員長 伊藤 卓年
事務局長 柳田 茂樹

杷木国際子ども芸術フェスティバル
作品上演及びワークショップ募集のご案内
 秋冷の頃、芸術団体の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。
◆ご支援・ご協力ありがとうございました。
さて、昨年4月に福岡県杷木町で開催しました「第5回杷木国際子ども芸術フェスティバル」は、みなさまのご支援・ご協力のおかげをもちまして無事成功をおさめることができました。3日間で36団体40作品74公演を行い、のべ1万名の参加がありました。年々、子どもたちの参加が大きく広がって期待も高まっています。毎回、海外からのゲスト出演も定着し、子どものための舞台芸術を通じての国際交流として楽しさも広がってきました。
また、多くの町民がボランティアスタッフとして参加し、自治体職員、芸術団体、子ども劇場などと協力して、町民の手で運営するフェスティバルとなりつつあります。
この杷木町ではフェスティバルを通して、「文化芸術振興条例」を制定し、子どもたちの文化芸術活動を応援するためのNPO法人はき子どもゆめ基金も設立しました。
今年、3月杷木町は、旧甘木市、旧朝倉町とともに新市「朝倉市」として合併をし、新しい歩みを始めました。
◆次回開催は2007年3月です。
これまでの成果のうえに「子どもが育つ芸術文化のまちづくり」をすすめるため、「第6回杷木国際子ども芸術フェスティバル」(朝倉市助成)を2007年3月に開催いたします。
今後は、住民主導の実行委員会方式で定着と発展をめざしていきます。
子どものための舞台芸術公演、ワークショップ、子どもたちの創造表現活動の発表などを通して、子どもから大人まで、また、教育文化関係者、芸術家、ホール関係者や子ども劇場など、たくさんの方々にご参加いただき、楽しみ、そしてお互いに交流しあう場となることを願っています。今後のとりくみにつきましても、引き続きご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
◆「第6回杷木国際子ども芸術フェスティバル」上演団体(作品)を募集します。
来年2007年3月の「杷木国際子ども芸術フェスティバル」で上演参加を希望される団体(作品)を募集いたします。「杷木国際子ども芸術フェスティバル」企画概要案と別紙上演参加募集要項をご覧ください。上演参加の応募については、2006年10月31日までに別紙の上演参加申込用紙にその他資料を添えて事務局までお送りください。ご不明の点などありましたら、お手数ですがお問い合わせください。
◆お問い合わせ・資料送り先
〒838-1512 福岡県朝倉市杷木寒水80−1 子ども未来館・はき内
  「杷木国際子ども芸術フェスティバル」実行委員会 事務局
TEL.0946-63-9120 FAX.0946-63-9121

第6回杷木国際子ども芸術フェスティバル
作品上演、ワークショップ 募集要項

◆作品上演・ワークショップ募集について
2007年3月の「杷木国際子ども芸術フェスティバル」での国内の上演団体(作品)、
ワークショップの募集を下記の内容で行います。

・上演・ワーク募集の条件
募集作品 子どものための舞台芸術作品、およびワークショップ
ジャンルは問いません
上演日程 2007年3月13日(火)〜19日(月)<メイン17日、18日>
日時が限られる場合は、可能な日時をお知らせください。
会場条件 朝倉市内(杷木地域中心)の施設を中心に使用します。
別紙の予定会場一覧をご参照ください。
これまでの実績などをふまえ、会場毎に作品ジャンルや規模を設定している
        会場、また、使用可能な日程が限られている会場もあります。
        会場・舞台条件に適しない作品の応募はご遠慮ください。
機材など 上演に必要な器材は、各上演団体で全てご準備ください。
会場・食事 上演およびワークショップ当日の食事と会場については、実行委員会で
提供します。(昼食、夕食、お弁当または現物)
宿泊について 実行委員会は、公演当日のホテル1泊分(朝食付)を提供します。
仕込みの関係で公演前日にも宿泊が必要な場合は、2泊分(朝食付)を
提供します。
(ホテルについて)
宿泊するホテルは、温泉地の数少ないホテルのため、トリプルまたは、ツインを基本とし、シングルユースの希望は、別途差額料金(1万円)を負担していただくことになります。ご了承ください。
また、実行委員会が提供するホテルが不適切な場合は、各団体にてご負担ください。

広報宣伝費、調律料、音楽著作権料は主催者(実行委員会)が負担します。
ワークショップの材料費は参加者の実費負担になります。

**その他の旅費・運搬費、前後泊など経費については、すべて上演団体の負担で
お願いします。

上演参加登録料 1作品20,000円(こどもあーと正会員は無料)
上演参加決定通知後に納入をお願いします。

◆上演作品・ワークショップの決定
 11月中に決定し、ご連絡させていただきます。
全体の作品・ワークのバランス、使用可能会場と可能日程などプログラムの関係なども併せて検討させて頂きます。また、応募作品数多数の場合は、新しい作品やこれまで出演されていない団体を優先させていただきます。

◆応募書類の送り先
 上演・ワークの応募は、別紙の上演・ワーク参加申込み用紙1枚とチラシ・パンフレット・舞台写真 などを同封のうえ10月31日(金)までに事務局(子ども未来館・はき内)に着くようにお送りください。
*作品紹介文、作品舞台写真は、決定後の広報用の資料として使用させていただきます。


送り先  「杷木国際子ども芸術フェスティバル」実行委員会 事務局
    〒838-1512 福岡県朝倉市杷木寒水80−1 子ども未来館・はき内
   TEL.0946-63-9120 FAX.0946-63-9121

2005年07月09日

定款を変更しました

定款の変更(会員構成と事務局)(7月7日総会にて議決しました)

定款の変更の内容
社員、会員構成、事務局についての定款の変更(第6条、第56条)について、下記のように改正。また、整合性を保つため、関連条文の改正も併せて変更することとなりました。
この定款変更により、これまでの子ども劇場団体会員、芸術団体会員、また地域の芸術団体など正会員に参加して頂くよう呼びかけることにしました。
(変更点)
・ 正会員を「法」上の社員とし、個人、団体とする。
・ 事務局は、事務局長、次長を定款に記載せず、内規で規定する。活動しやすい体制をつくる。
※定款変更の内容について定款全体の整合性を図る変更を行う
※ 理事会では、会員を会員と賛助会員の2種にすると決議しました。
(変更にともなう会費額の確認)
会員の名称変更と改訂会費額。
会費の額
正会員  個人一口 12,000円(年)  団体一口 12,000円
賛助会員 個人一口  5,000円(年) 団体一口 10,000円

変更内容(変更関連条文のみ掲載)
第3章 会員
(種別) 第6条 この法人の会員は次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という)上の社員とする。
(1) 正会員 この法人の目的に賛同し、推進するために入会した個人又は団体
(2) 賛助会員 この法人の目的に賛同し、賛助するために入会した個人又は団体
(入会) 第7条 会員になろうとするものは、理事長が別に定める入会申込書を理事長に提出するものとします。理事長は、正当な理由がない限り、そのものの入会を認めなければならないものとします。
(会費) 第8条 会員は、総会において別に定める会費を納入することとします。
(会員の資格の喪失)
第9条 会員が次の各号のいずかれに該当するときは、その資格を喪失します。
(退会) 第10条 会員は、退会しようとするときは、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができます。
(除名) 第11条 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、総会において正会員総数の3分の2以上の議決により、これを除名することができます。
2 前項の規定により会員を除名しようとするときは、その会員にその旨をあらかじめ通知するとともに、除名の議決を行う総会において、議決を行う前に、その会員に弁明の機会を与えることとします。
第5章 総会
(構成) 第22条 総会は、正会員をもって構成します。
(開催) 第24条 通常総会は、毎年1回開催します。
(2) 正会員総数の4分の1以上から会議の目的たる事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(議長) 第26条 総会の議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出します。
(定足数)第27条 総会は、正会員総数の過半数以上の出席がなければ開会することはできない
こととします。
(議決) 第28条 総会の議事は、この定款に別に定めるもののほか、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによることとします。
2 総会における議決事項は、第25条第3項の規定によりあらかじめ通知された事項とします。ただし、議事が緊急を要するもので、出席した正会員の3分の1以上の同意があった場合は、この限りではないこととします。
(表決権等)第29条 各正会員の表決権は、平等なるものとします。
2 やむを得ない理由のため総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について、書面をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができます。
3 前項の規定により表決権を行使した正会員は、第27条、前条第1項、次条第1項及び第51条の規定の適用については、総会に出席したものとみなします。
4 総会の議決について特別な利害関係を有する正会員は、当該事項の議決に加わることができないこととします。
(議事録)第30条 総会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成することとします。
(2) 正会員の現在数
(3)総会に出席した正会員の数(書面表決者又は表決委任者がある場合には、その数を付記する。)
2 議事録については、議長のほか出席した正会員のうちからその総会において選任された2名以上の議事録署名人が記名、押印することとします。
(定款の変更)第51条 この定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の3分の2以上
の多数による議決を経、かつ、知事の認証を得なければならないこととします。
(解散) 第52条 この法人は、次に掲げる事由により解散します。
(3) 正会員の欠亡
2 前項第1号の事由により解散するときは、正会員総数の3分の2以上の承諾を得なければならないこととします。
(残余財産の帰属)第53条 この法人が解散したとき(合併又は破産による解散を除く。)に存する
残余財産は、総会において出席した正会員の過半数をもって決した特定非営利活動法人、民法第34条の規定による社団法人、または財団法人に譲渡するものとします。
(合併) 第54条 この法人が合併しようとするときは、総会において正会員総数の3分の2以上の議決を経、かつ、知事の認証を得なければならないこととします。
第10章 事務局
(事務局)第56条 この法人の事務を処理するため、事務局を置きます。

以上です

2005年05月21日

近い話から

昨日、杷木国際子ども芸術フェスティバルに出演して頂いた佐々木梅治さんから話を聞かれたということで、民芸の岡橋和彦さんよりフェスティバルについて資料がほしいという連絡が入りました。宇野重吉さんのもとで俳優の仕事をされ、今は、子どもたちに「にんじん」か「平家物語」をみせたいということでした。
また、来年の企画が決まったらご案内することにしました。
最近、杷木国際子ども芸術フェスティバルに出演したいという希望を良く伺います。フェスティバルを続けてくださいという声もたくさん聞かれるようになってきました。
5年の間にようやく定着してきたのかとうれしく感じます。

2005年04月01日

杷木国際子ども芸術フェスティバルの助成決定

杷木国際子ども芸術フェスティバルへの助成が決定しました。
杷木町が700万円の助成を決定したため、内半額を個性ある地域づくり事業として福岡県が助成するもので本日決定の連絡が入りました。
杷木町の教育委員会、はじめ、福岡県庁に感謝します。

この助成が活かされるよう最大、子どもたちに参加してもらえるようがんばりたいと思います。

2005年03月14日

杷木国際子ども芸術フェスティバル ブログ作成しました

今日の午前中まで雪が降りました。

連日杷木国際子ども芸術フェスティバルの動きが活発になってきました。

国際子ども芸術フェスティバル ブログ作成しました

http://blog6.fc2.com/hakifes/index.php

従来のホームページはこちらです。

http://www.kodomo-art.org/info_hakifes.htm

これからは、このブログは、こどもあーとの活動の様子を中心にお伝えします。

柳田

2005年03月04日

こどもーあとホームページ更新

こどもあーとのホームページが更新されました。
杷木国際子ども芸術フェスティバルや九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場のプログラム内容が掲載されています。
大勢の参加の呼びかけをお願いします。

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
http://www.kodomo-art.org/info_deai.html
杷木国際子ども芸術フェスティバル
http://www.kodomo-art.org/info_hakifes.htm

2005年03月01日

今日明日は、杷木フェスティバルのチラシ発送

 今日は、各地で公立高校の卒業式が行われておりました。子どもたちも大きく元気に羽ばたいてほしいです。事務所のスタッフの一人も今日は、娘の高校の卒業式に参加しました。感慨!

 子ども未来館・はきでは、地元の女性のボランティアの方々15名の協力をいただき、フェスティバルのチラシ、宛名貼り、紙折り作業、袋詰め、封筒入れ作業などお願いし、九州内のホールや自治体などへ1300ヶ所8万枚のチラシを送りました。

明日も残りの作業予定です。人数が集まるとすごいなあと思います。

 フェスティバル前には、いつも、子ども未来館・はきの掃除や花鉢の設置などありがたいご協力をいただいてます。

だんだんと宣伝を広げていかないと盛り上がりが遅くなるかな・・・。CIMG0004.jpg

CIMG0006.jpg
続きを読む

2005年02月28日

杷木国際子ども芸術フェスティバルの連絡先

★★★★★★★★★★★★★★ ★★★★★★★★★★★★★★
 杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会事務局
〒838-1512 福岡県朝倉郡杷木町寒水80-1 子ども未来館・はき内
   TEL0946-63-9120   FAX0946-63-9121

☆(特)子ども劇場佐賀県センター  TEL0952-29-0631 FAX0952-29-0631
☆(特)長崎県子ども劇場連絡会   TEL095-825-0533 FAX095-825-6151
☆(特)熊本県子ども劇場連絡会   TEL096-356-0741 FAX096-356-0780
☆ 大分県子ども劇場連絡会     TEL097-536-1038 FAX097-536-1038
☆ 宮崎県子ども劇場おやこ劇場連絡会TEL0985-20-6093 FAX0985-20-6093
☆ 鹿児島県子ども劇場協議会    TEL099-256-4007 FAX099-256-4199
☆ 沖縄なは子ども劇場       TEL098-855-6525 FAX098-855-6525

杷木国際フェス上演作品決定

日 会場 作 品 名 団 体 名
4月16日(土)
1 幼の童謡詩人 金子みすゞ 『みすゞ凛々』 劇団 えるむ
2 君がいるから CAN青芸
3 たいらいさおミニライブ 「パパからのメッセージ」 子どもの音楽文化アートプロジェクト・アートピア
4 マサヒロ水野あそびの達人 おおまる企画
ヘルシー松田のコミックマイム おおまる企画
5 大地のまつり水のうた〜めぐりめぐるいのちの約束〜 民族歌舞団 荒馬座
6 ザ・WAZUMA〜和妻でござる〜 太田ひろしマジックショー
7 かっぱのめだま 劇団 たんぽぽ
8 「いいものみ〜つけた」「あかずきんちゃん」 人形劇団 ののはな
9 タケちゃんの路地裏遊びの必殺技  日本独楽博物館
10 太子 〜ハムレット〜 釜山広域市立劇団
11 3ちゅう Very much! 劇団風の子九州
12 どろんこげきじょうU「ミュージックベルものがたり他」 人形劇団 京芸
13 あやこお姉さんとしまじろうのリズムがいっぱいリトミック オールスタッフ/イッツ フォーリーズ
14 ポポルの一座「大きなカバ・ん?」 想造舎
トロッコ『トランクシアター』 人形劇・トロッコ
15 たかはしべんコンサート「子ども・いのち・平和」 たかはしべん音楽事務所
16 長唄三味線VS津軽三味線/三味線真剣勝負! 古典空間
17日(日)
1 ノートルダム物語 劇団ショーマンシップ
2 ピアノでわをつなぐコンサート てのひらげきじょう
3 海賊ラティーナ参上! 日本総合音楽研究
4 「ねのぐのえ」 札幌NKミュージック
5 大地のまつり 民族歌舞団 荒馬座
6 春夏?冬むかしばなし 「鬼が人間になったお話」 横山企画
ばあさんの一人語り「まあ、聞いとくれやす」 西川禎一おひとり座
7 オニガラ  演劇人 冒険舎
8 「花も実もある」 座・ふたりでバア!!
9 音楽劇・風の又三郎 トランクシアター
10 出前芝居『くず〜い、屑屋でござい−古典落語(井戸の茶碗)−より』他 劇団 前進座
11 おどりだしたお稲荷さん併演 百姓踊り  民族芸能アンサンブル若駒
12 天にのぼったじいさん 併演 ラーくんとお話 パペットシアターらせんくらぶ
13 ひがしよしこソプラノコンサート〜うたの森へでかけよう アストレア
14 さわってみたら・・・/あかちゃんゴリラのゴリゴリ 人形劇団 むすび座
あ・ぶ・ぶ@人形劇場「こいぬとこねこはゆかいななかま」 エツコ・ワールド
15 芝居・読み語り「父と暮らせば」 梅治の会
16 松元ヒロ ソロライブ 松元ヒロ

2005年02月25日

杷木国際子ども芸術フェスティバルチラシ完成

CIMG0682.jpg

杷木国際子ども芸術フェスティバルのチラシができました。
注文は、事務局までお願いします。
電話0946-63-9130 fax0946-63-9121

http://www.kodomo-art.org/
mailto:fes@kodomo-art.org
ご活用ください。