2016年05月18日

こどもあーと熊本大分震災支援室よりご報告とお願い

こどもあーと熊本大分震災支援室よりご報告とお願い

熊本県を震源とした熊本大分地震から一か月が経ちました。未だに多くの方々が避難所生活を余
儀なくされており、また今後一か月以内に震度6 以上の余震が起こる可能性も指摘されており、
本来の生活に戻るためにはまだまだ見通しすら立たない状況が続いています。
全国的に様々な形でのボランティア参加や募金など様々な支援活動が広がっています。
こどもあーとでも「熊本大分震災支援室」を立ち上げ、たくさんの方々から支援金が寄せられて
おります。心よりお礼申し上げます。

地元である熊本では熊本県子ども劇場連絡会を中心に、避難生活を送っている子どもたちに寄り
添う形での支援活動が始まりました。
こどもあーと熊本大分震災支援室では、今後みなさまからお寄せいただいた支援金を以下のよう
に運用していくこととしています。

1) 被災地会員団体へのお見舞い(至急の支援)
2) 子ども劇場例会公演の被害補償(至急〜中期支援)
3) 現地の要求に沿った、子どもの心のケアのための遊び活動支援(中長期支援)
4) 現地の要求に沿った、地域コミュニティの元気をとりもどすための舞台公演支援(中長期支援)
5) 支援活動を行う団体の支援(行動費)

地震活動の収束が見通せない中、子どもたちをはじめ被災地域の方々の心のケアは、今後長期間
に渡り必要になることが予想されます。
ぜひ引き続きみなさまのご支援をいただけますようお願いいたします。
第一次支援予算
見舞金500,000 円5 団体×100,000 円(熊本県4 団体、大分県1 団体)
例会災害300,000 円
行動費200,000 円
支援活動費1,000,000 円遊び活動支援20 ヶ所×50,000 円
1,000,000 円舞台公演支援10 ヶ所×100,000 円
計3,000,000 円(第1 次目標)(5 月17 日現在23 団体1 個人865,583 円)

取り急ぎご報告とお願いまで。

2016 年5 月18 日
こどもあーと熊本大分震災支援室
代表:柳田茂樹
副代表:中田尚子、冨士川佳余子、後藤強、藤英子
事務局長:入本敏也、事務局次長:河本景介
会計責任者:篠原恵里子
〒861-1104 熊本県合志市御代志2086 番地74 こどもあーと内
電話096-342-6377 fax 096-300-3381
posted by こどもあーと at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本大分震災支援室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175343906

この記事へのトラックバック